散策(strolling)

タデ原湿原を歩く

タデ原(たでわら)湿原は、大分県玖珠郡九重町の長者原にある湿原。

阿蘇くじゅう国立公園内にあり、坊ガツルとともに、中間湿原として国内最大級の面積を有する湿原で、「くじゅう坊ガツル・タデ原湿原」としてラムサール条約の登録湿地となっている。

7月29日、キャンプの帰りに、久し振りに歩くことにした。ヒゴタイは若干早く、碧い蕾とほのかに赤みがかったものが見られる程度で、やはり、ヒゴタイ目当てであれば、8月中旬ごろになるでしょう。

ヒゴタイ
ノハナショウブ
シモツケソウ?
チダケサシ
ハイカイソウ
シモツケソウ
オカトラノオ
ヒゴタイ
ヒメユリ?
モウセンゴケ
キスゲ
サワギキョウ
ミヤマアカネ
ツマグロイナゴ??
タデ原湿原を歩く はコメントを受け付けていません。