GREENFIELD-CLUB.JP


屏風山びょうぶざん
鎮国寺ちんこくじ
〒811-3506 福岡県宗像市吉田966番地

【御詠歌】まことある みちをおしえて もろびとの まよいをすくう のりのすべらぎ


鎮国寺は宗像大社の神宮寺であったといわれるが、伝えるところでは大同元年(806)、中国より帰朝された弘法大師が、鎮護国家の根本道場として最初に建立された寺であるとされ、後には嵯峨天皇の勅願寺となり、黒田藩主をはじめ、九州全域から広く崇敬を集めてきたといわれる。

山門手前の丘にある「阿弥陀如来坐像板碑」は日本最古の紀年銘をもち、県の文化財に指定されている。また、奥の院には弘法大師練行の洞窟が遺り、岩窟内には、弘長3年(1263)の記銘のある「線刻釈迦如来石仏」も祀られている。

広い境内には、本堂(五仏堂)や護摩堂、客殿、修行道場、庫裏などの伽藍が整然と並び、真言宗御室派別格本山の風格を漂わせるが、護摩堂には、大師作と伝わる木造不動明王立像 が祀られ、身代わり不動として崇敬を集める。これは、国指定重文の秘仏で、毎年4月28日に御開帳され、火渡り柴灯護摩供が厳修される。

本堂(五仏堂)には、宗像五社の本地仏とされる大日、釈迦、薬師、阿弥陀如来と、札所本尊である如意輪観音の五尊像が安置され、そのいずれもが県指定文化財である。


【本尊】如意輪観世音菩薩
【開基】弘法大師
【宗派】真言宗御室派

ページのトップへ戻る