▲ 御前岳・釈迦ヶ岳 

コース

御前岳田代登山口 >しおじの木湧水源流分岐 >親子杉 >岩屋分岐 >釈迦ヶ岳縦走路 >御前岳山頂 >釈迦ヶ岳縦走路 >鎖場数か所 >釈迦ヶ岳 >鎖場数か所 >田代方面直下 > 902mピーク >釈迦ヶ岳登山口 >御前岳登山口

▲ 御前岳 ▲ 釈迦ヶ岳
標高1209m 標高1230m
福岡県最高峰の山、釈迦ヶ岳へ行って来ました。
杣の里からは登山者が多いようですが、今回は大分県前津江村側からの御前岳田代登山口から登ることにしました。登山道に到着する前までは、雨足が強かったり、不安定な天気でしたが、登山口辺りは、 ほとんど雨はありませんでした。
山頂の方はガスっているのが見えました。御前岳田代登山口からキツネノカミソリ群生地を抜け、沢を渡り、登って行くと、天候悪く、視界も悪く、風も強かった。コース途中には残雪も若干見られました。 御前岳山頂に着いても視界悪く、釈迦ヶ岳の縦走路へ進み、数か所の鎖場の後、釈迦ヶ岳山頂に到着。ここで、登山者グループと遭遇。挨拶を交わし、何となく気持ちが和らぐ・・・。 休憩後、鎖場へと戻り、鎖場を下りた先に、右に下りる急坂がある。下山は田代方面釈迦ヶ岳登山口ルートへ、このルートはあまり利用されていないようで、かなりの急坂で谷を目指す。 目印のテープが色褪せていて古いが、所々で確認できて迷うことはないようです。そして、谷から痩せ尾根に取り付くが、このルートもかなりの急坂で足を踏ん張り下りて行き、やがて、色褪せ、文字は消えているが、 登山口を案内する目印があり、そこから左へ、しばらくすると、釈迦ヶ岳登山口へと到着し、舗装道を御前岳田代登山口へと戻る。

ページのトップへ戻る