▲ 宝満山(裏宝満)

コース

岩竜自然の家 >シラハケ尾根コースの登山口 >シラハケ尾根コース >提谷新道コース分岐 >提谷新道コース >二の滝、三の滝、初音の滝、前の滝(男滝)、 奥の滝(女滝)、鼓の滝、金剛の滝、水垢離の滝、般若の滝、行者の滝、断食の滝 >百日絶食記念碑 >紅葉谷 >普池の窟 >猫谷ルート >長崎鼻 >仏頂山 >宝満山 >女道 >キャンプセンター >女道 >大石方面分岐 >猫谷新道ルート >猫谷登山口 >駐車地

▲ 仏頂山 ▲ 宝満山
標高868.6m 標高829.6m
岩竜自然の家から県道65号線へと出て、本道寺バス停がある方向へと少し戻り、途中、道路歩きを避けるために農道へと入る。本道寺バス停前の登山口からの道へと合流、登山口まで 舗装道をのんびり約30分ほど歩くと、シラハケ尾根コースの登山口。ここからが登山道。シラハケ尾根をしばらく登ると、提谷新道コースとの分岐がある。分岐から左に折れ 提谷新道コースへと入っていく。少し進むと以前の登山道に合流し進む、二の滝に続き三の滝と沢沿いを進むコース。先に足を進めると、初音の滝、ロープ場を越え、 前の滝(男滝)、またロープ場を越え、奥の滝(女滝)がある。次に、鼓の滝、金剛の滝。険しい道程だが足元を確認しながら、涼しく、楽しさを感じながら歩けた。そして。 修験者?水垢離の滝があり、またまたロープ場を越え、般若の滝、行者の滝、断食の滝と結構、大きな滝ではないが楽しめる。断食の滝を過ぎるとすぐに梯子場。しばらく 進むとロープ場。足場が悪い中、百日絶食記念碑へと到着。ここが、シラハケ尾根コースと堤谷コースの合流点にあり、提谷ルートの終点。分岐には、キャンプ場・山頂、 金の水・山頂尾根道とあり、金の水・山頂尾根道の方、長崎鼻方面へと足を進めることにした。岩場や急坂、迷わないように確認しつつ、紅葉谷、ロープ場を越え普池の窟へと 到着。猫谷ルートに合流。仏頂山への分岐があるが長崎鼻へと、尾根に出て仏頂山へ久し振りの尾根道、ここまで登って来る間は、人とは遭遇なく来たが、やはりここからは 挨拶の連続の様・・・。そして宝満山山頂へ、鎖場から登るが、人が多い。祠でお参りを済ませ、久し振りなので、反対側の階段から下りて、遠回りで女道からキャンプセンターへ。 ひとが多いがお昼の休憩を済ませ、下山ルートを検討し、女道から途中、大石方面へと下ることにした。大谷尾根ルートの急坂で下り、かもしか新道分岐に出て大石方面。 猫谷新道ルートに合流し下ると舗装道に出合い横断し、一見、遠目に見たら藪だが、よく見ると道があり、そこに入って行き先に進むと猫谷登山口へと到着。登山口から舗装道 を左にしばらく歩くと、本道寺バス停前の登山口からの道へと合流し、農道に入り駐車地へと到着。今回は前日に裏宝満と考え、来てよかったと思い帰路へ着く。
ページのトップへ戻る