▲ 基山(基肄城跡)


コース

総合公園駐車場 >水門跡 >米倉跡 >鐘撞堂跡 >東峰 >大杉谷 >基山 >水門跡 >総合公園駐車場

▲ 基山(基肄城跡)
標高404m
歴史散策を含め基山に行ってみることにした。
総合公園駐車場に車を駐車、史跡めぐりコースをたどり舗装道を水門跡へ、水門跡から山道へと登って行く。
基肄城は白村江の戦いののち、天智天皇が665年(天智4)に筑前国の大野城とともに建設した、日本最古の古代山城(朝鮮式山城)で、日本書紀によれば、 実際の建築は亡命百済貴族である憶礼福留 (おくらいふくる)と四比福夫(しひふくふ)が当たったとされている。基山山頂には基肄城跡石碑、坊住、 天地天皇欽仰碑、避難小屋展望台などがある。
ページのトップへ戻る