▲ 鳴子山 ▲ 白口岳


コース

沢水キャンプ場 >沢水展望台 >登山口 >稲星越 >鳴子山 >白口岳 >鉾立峠 >佐渡窪 >鍋割峠 >朽網分かれ >沢水展望台 >沢水キャンプ場

▲ 鳴子山 ▲ 白口岳
標高1643m 標高1720m
かねてから計画をしていた、紅葉の季節だが、関係なく鳴子山を目指し歩くことにした。 沢水展望台駐車場に登山届ボックスがあり、登山届に記入後、「土石流多発地帯につき通行をご遠慮ください」とある登山道へ。稲星越方面へと足を進め、 出水平辺りまでは ほどなく、この辺りには水場もあるが、分からず通り過ぎることもあるかも。この先からガレ場、急坂と体力消耗コース。ここを越えると 稲星越に到達。 左手には稲星山。 右手鳴子山方面へと足を進めるとひとつのピークがあり、先に進むことはできるが岩が道を阻む感があり、一瞬、先をどう 行くか考えてしまう。 意外と険しいコースなのか、 ピークを下り鳴子山へ到着。折り返し稲星越へ、次に目指すは白口岳。稲星越から白口岳へは難なく足を 進め、白口岳から鉾立峠へは直下。 崖を下りるため白口岳で足を休め 直下へ、落ちないように慎重に・・・。
鉾立峠で食事タイム。
佐渡窪から鍋割峠へ、朽網分かれ経由、沢水展望台、沢水キャンプ場へと、今回は、鳴子山を確認でき、険しい道のりであったが、楽しむことができ、宿へ 向かうことにした。
ページのトップへ戻る