▲ 国見岳 ▲ 多良権現峰(多良岳)▲ 前岳(本多良) ▲ 経ヶ岳


コース

中山キャンプ場 >多良岳分岐 >役行者像 >国見岳 >多良権現峰(多良岳) >座禅岩 >鬼の岩屋 >前岳(本多良) >一宮岳鞍部 >多良岳分岐 >六体地蔵菩薩立像 >多良岳分岐 >金泉寺 >金泉寺登山口 >中山越 >経ヶ岳 >平谷越 >中山越 >中山キャンプ場

▲ 国見岳 ▲ 多良権現峰(多良岳) ▲ 前岳(本多良) ▲ 経ヶ岳
標高996m 標高996m 標高982.7m 標高1,075.7m
中山キャンプ場からスタート
多良岳分岐へと向かうのだが、途中、幸福坂の立て札。後で考えると、幸福坂という意味が歩いてみて分かった。多良川水源手前までの間は意外と歩き やすかった。
役行者像から上宮に向かっての石段は登りにくく、その先は岩場あり、ロープ場、鎖場と急登。国見岳分かれでは平成20年5月転落死亡事故発生、平成25年7 月転落事故発生。 気は緩めない状況のなか、右は多良岳、左は国見岳の立て札があり、先ずは国見岳へと行き、折り返し多良岳への道へ。決して良い道では ない山道を先に進み、 上宮手間へ の崩壊しつつある石段を登り多良嶽神社上宮に到着。ここが多良岳山頂といわれている。ここで休憩後、座禅岩の方へと 進めるが、直ぐに急降下のロープ場、 ここを熟して 行き大岩に架けられた梯子場を登ると座禅岩、スリリングな痩せ尾根、鬼の岩屋を過ぎ前岳(本多良)へ 到着。ここまではガスで覆われ視界ゼロ、景観は見込めなかった。 一宮岳鞍部へ急坂を下りて行き分岐へ、分岐から金泉寺方面へ。歩きにくい道程で多良岳 分岐があり左へ行ってしまい、気が付き戻るも、急登りで疲れが増した感じで多良岳 分岐に入り六体地蔵菩薩立像へ、その後アップダウンで多良岳分岐まで周回で戻って来た。意外と時間がかかったようだ。この間、独りだと寂しく暗い思いが漂い、余計に疲れ が増す思いがする。
多良岳分岐から金泉寺は近く、金泉寺山小屋で休憩、食事タイム。山小屋の管理人さんの話をいろいろと聞き、その後、経ヶ岳へと行くことにした。
金泉寺登山口から中山越へと向かうが、岩場があり、岩が湿って非常に歩きにくく、滑らないように注意し、ようやく中山越に到着。ここから先に行くと、 経ヶ岳と平谷越の 分岐があり、迷わず直登コースへいくが、 急登で終盤はロープ場とハードなコースを辿り経ヶ岳山頂に到着。ここは景観があり疲れが抜け るような気持になる (実際には疲れは抜けないが・・・)。休憩後、平谷越へと・・・。 急坂を下り直ぐに急降下の岩場の鎖。鎖を握りしめ垂直に下りてい く、先へ進むと細い丸太とロープ、 バランスを崩さないように渡る。ただでは歩かせてくれないようだ。 平谷越から中山越で駐車地である中山キャンプ場へ と進みコンクリートの林道と出合う。ショートカットで 林道を避け山道へ、次にまた林道へ出、また、山道に入ろうとしたが、そこには大きな蛇が・・。 蛇は苦手なので、コンクリートの林道を歩くことにした。 今回のコースは 意外とハードで疲れたが、疲れた以上に楽しかった。
ページのトップへ戻る