▲ 雌岳 (女岳) ▲ 姫御前岳 ▲ 雄岳(男岳) ▲ 南岳


コース

グリーンピア八女 駐車場 >間伐作業道 >雌岳登山口 >雌岳山頂 >間伐作業道 >姫御前岳登山口 >姫御前岳山頂 >間伐作業道 >雄岳登山口 >雄岳山頂 >間伐作業道 >南岳分岐 >南岳山頂 >グリーンピア八女

▲ 雌岳 (女岳) ▲ 姫御前岳 ▲ 雄岳(男岳) ▲ 南岳
標高595.8m 標高514m 標高532.2m 標高546m
天気予報で雨と雷が出ていたので、雨で歩きやすい、雷のときには退避し易い山を考えて、八女の雌岳(女岳)(めだけ) 、姫御前岳 (ひめごぜんだけ)、 雄岳(男岳) (おだけ) に行ってみることにした。おまけで、 南岳 (みなみだけ) を最後に加えることにした。
最初、林道から雌岳の取り付き。上に進むのか?左に進むのか?左に行くも、倒木、藪で道を塞がれた状態で、右に巻くと、最初の雰囲気の急勾配の直登が ルートだと分かるが、雨上がりで地面は濡れており、 よく滑る。踏ん張り、つかまり、雌岳山頂へ、途中、展望岩なるものがあり、若干の景観を楽しむことができ、山頂では、さほど景観は望めない。また、急勾配を下り林道へ、林道は下りが多く、帰りに、 この林道を戻るときは、登りが続くのできついだろうなぁと考えつつ、次の取り付き、姫御前岳へ、この山頂からの景観もなくここも急勾配の直登ルート。尾根伝いの縦走ができない。また、林道へ急降下、 滑らないように注意をしつつ、林道へ出る。次の雄岳へ、取付きから分岐があり道案内に「ゆっくりコース」とあるが、下りに使うことにし、ロープが張られてある急勾配の直登へ。雄岳山頂は景観が良い。 遠く多良岳や平成新山、脊振山などの山が山々の先に見える。 山々を眺めながら食事タイム。休憩後、下りることにした。途中、雨が降り出したので雨具装着。だらだらと林道を歩き戻ることにしたが、 意外と登りがだらだらと続くので、暑さと交わって疲れ が増す。途中休憩し、林道歩きで疲れいたが、南岳の分岐があり、足を向ける。出発地点とは違うグリ ーンピア八女内に下りてきたので、だらだらと休憩後、帰路へ。
ページのトップへ戻る