▲ 烏帽子岳・杵島岳・駒立山


コース

草千里ヶ浜駐車場 >烏帽子岳登山口 >烏帽子岳 >杵島岳登山口 >杵島岳 >草千里ヶ浜駐車場 >駒立山 >草千里ヶ浜駐車場

▲烏帽子岳 ▲杵島岳 ▲駒立山
標高1337.2m 標高1326m 標高1157m
今回は、のんびりと、そして、草千里ヶ浜にあるレストラン「草千里レストハウス」で活火山カレーが目当てで行くことにした。
先ずは、烏帽子岳を目指し、登山道コースに沿って、垂玉温泉分岐を過ぎるとベンチがあり、付近に三角点がある。 ロープを張ったゲートと登山者数 計測器を過ぎしばらく進むと「悪路足下注意」の看板があり、ここからやや急登になり、黒土も足元を不安にさせる。 そこを登り詰めたら烏帽子岳山頂。 中岳の火口からの噴煙がモクモクと上がっており、御嶽山の噴火を思うと、いまにも噴火しそうな雰囲気を覚える。 次、杵島岳に向かうために下りるの だが、滑りたくはないので、やはり黒土に注意を払い下りることに。そして、草千里ヶ浜駐車場の奥に、 杵島岳に向かう登山道があり、ここから杵島岳 の山頂まではコンクリートの道と階段。途中から急登となり、階段の段差が低いため、 一段飛ばしの小走り状態で、途中息を整えつつ山頂へ、ちょっと 遊び過ぎたか、足が震えていた。杵島岳山頂から、往生岳には行かず、お鉢回りで、 阿蘇米塚を右手に、外輪山、くじゅう連山を眺望でき、下りること にした。草千里ヶ浜駐車場に降り立ったが、お昼には時間が若干あったので、 草千里ヶ浜の真ん中にある駒立山に行ってみることにしたが、何もない (三角点)所だった。
「活(カツ)火山カレー」
ドーナツ状に盛ったライスは阿蘇の外輪山、カツは阿蘇五岳を表しており、中央部分のくぼみ(カルデラ)から自家製のルゥ(マグマ)が溢れ出す姿は、 阿蘇山をイメージしたものという。
ページのトップへ戻る