▲ 金敷城山


コース

巨石パーク登山口 >分岐 >金敷城山 >分岐 >巨石パーク登山口

▲金敷城山
標高425.5m
巨石パーク
古くは、肥前風土記にも記された大和町下田山中の巨石群です。10メートルをはるかに上回る石たちは、 肥前国一の宮として栄えた与土日女神社の ご神体と考えられています。<佐賀市役所HPより>
巨石パークとあるが、完全に登山で、パーク内には17個の巨大な石が点在し、このほかにも名前のない奇岩が登山道の至るところにある中で、 神頭石 (ジトウセキ)、道祖神石(サヤノカミイシ)、御舟石(ミフネイシ)、兜石(カブトイシ)、龍の石(リュウノイシ)、 造化大明神(ゾウカダイミョ ウジン)、イナリ石(イナリイシ)、誕生石(タンジョウセキ)、烏帽子石(エボシイシ)、御座石(ゴザイシ)、 以上を過ぎて、乙文珠宮上宮分岐 から金敷城山へと向かうことにしました。 結構急坂が続き、また、分岐にたどり着き金敷城山へ、 この先で林道と出会うが、ほぼ、ここを横切る形で 木佐木線6号という杭が立っているところから登ると、金敷城山山頂に到着。 展望は皆無。 戻りは分岐から蛙石の方へ回り、天の岩門(アマノイワト)、 神籠石(コウゴウイシ)等々、巨石と遭遇しつつ、 滝へと下りて行き登山口へと到着。
ページのトップへ戻る