▲ 国東半島峯道ロングトレイル 高城(中山仙境岩峰群の中の最高点)


コース

農村公園登山口 >登山道合流点 >無明橋 >高城(夷耶馬(えびすやば)) >馬ノ背 >隠洞穴 >中山仙境下山口 >六所宮 >農村公園登山口

▲高城(中山仙境岩峰群の中の最高点)
標高316.8m
時間的にあまり余裕はなく、また、車1台でしたので、周回ルートをとることにしました。中山仙境に挑むことに。標高こそ低いものの、岩尾根歩きが楽 しめる場所で、絶景を望みながら無明橋へ、片方は崖というちょっと怖い箇所。鎖場の連続でトレッキングポールなどは邪魔になるコースです。岩峰群の 中の最高点である高城。標高は316.8m。ここも絶景の場所です。 注意して歩かなければ、左右どちらに転んでも落ちてしまう「馬ノ背」と呼ばれる細い 岩尾根があり、ここを過ぎると鎖場の下り、後は安心コースで隠洞穴へと下り、中山仙境下山口へとたどり着きました。途中、ほぼ折り返して行く箇所 を勘違いし、先に進もルート探しに迷い、引き返そうかと思ったところで、突然、地響きとともに数頭の猪が急降下、目の前を走り抜けて行き、思わず声 が出てしまいました。危険個所もあり、初心者コースとは言えないコースなので、国東半島峯道ロングトレイルと楽しそうですが、今回のコースはちょっ とスリリングというか怖かった感じでした。
ページのトップへ戻る