▲ 福智山・鷹取山


コース

上野登山口 >かじか橋 >白糸の滝 >八丁・おおつが林道分岐 >八丁峠 >福智山 >上野越・福智山分岐 >鷹取山 >上野越・福智山分岐 >おおつが林道合流地点 >上野登山口

▲福智山 ▲鷹取山
標高900.6m 標高620m
「あがの温泉白糸の湯」の近くに駐車場があり、そこに車を置いて、上野登山口に向かいました。 地図上で確認し、登りに険しい方と考え、 白糸の滝 (八丁越)の直登ルートで、福智山山頂を、そこから、鷹取山、上野登山口までの上野越ルートの周回をとることにしました。 土曜日は天気が晴れ、 大雪警報も解除されていましたが、念のためにアイゼンを装備して、日曜日の早朝、自宅を出発。 上野登山口から、 白糸の滝を眺め、標高を上げてい きましたが、急な箇所が結構あり、予想以上に難所が多く、また、段々と雪が多くなり、 ロープや木に掴まりながらも、圧雪に足を滑らせて、うつ伏せ に転んでしまいました^^;。 慎重に、慎重に、一歩、一歩、足を進め、 福智山山頂(気温-2℃)に到着。疲れたぁ~。でも、楽しい。 ここで、 鷹取山を目指すため、急坂を安全に降りるために、アイゼンを装着。 そして、鷹取山に到着し、ここでランチタイム^^。 生めんのうどんにワカメと 卵?・・・むっ!!卵を忘れてしまった。 竹輪を放り込んで、 熱々うどんで暖を取り、鷹取城跡を見渡してみました。 平安時代から室町時代、戦国時代 から安土桃山時代は豊後大友氏の家臣が城主として入ったようです。 江戸時代になると、黒田長政の家臣が城主として入り、1615年、一国一城令によって 廃城。城郭遺構や、ところどころに石垣遺構があり、城跡というのが、 十分に確認が取れました。 下山は、鷹取山から上野越ルート分岐まで戻り、 上野越ルートを下っていくのですが、分岐から先は、雪が解けて泥濘状態^^; 靴もアイゼンも泥だらけ、途中、アイゼンを外し沢で泥を洗い流し、 アイゼンを手にぶら下げて無事に下山。 下山後、「あがの温泉白糸の湯」 でお風呂に入り帰路に着きました。
ページのトップへ戻る