▲ 古処山・屏山


コース

古処山登山道利用者駐車場 >登山口 >水舟 >古処山 >屏山 >紅葉谷 >登山口 >古処山登山道利用者駐車場

▲古処山 ▲屏山
標高859.5m 標高926.6m
駐車場から野鳥川沿いを、岩場や雨のための増水のためか、数箇所橋が壊れており、1時間ほど歩くと登山口に到着。 戦国時代に秋月家の城、古処山城があったことから、その雰囲気を漂わせているような感じがしました。 日曜日とあって登山者も多く、高校生4人組みの幾つかのグループと何度かすれ違い、挨拶を交わしながら、話を少しすることができ、 聴いてみると、高校登山部の競技があっており、各高校の登山部が競い合っていました。 登山での総合的に細かく採点(体力30点・歩行10点・装備10点・設営撤収10点・炊事5点・気象7点・自然観察8点・計画記録10点・救急5点 ・マナーパーティシップ、自然保護5点)されるようです。 水舟を通過し、岩とツゲを眺め抜けて古処山山頂に到着。 耳納連山を眺めつつ食事タイム。次は屏山へ、途中、大将隠しを散策。奥の院へ下りていくのは止めて、屏山のコースへ戻ることにする。 屏山山頂に到着。真新しい案内板(地図)が建っており、麓のバス停までの順路等もありました。休憩後、戻りのコースへ。 古処山山頂は通らず、ツゲ原生林、トンネルの様に生い茂っており、綺麗で気持ちよく、紅葉谷・経ヶ峰の方へ行くことにする。 先に進むと、ちょっと道を間違えたか?水舟へ向かっていたので、道戻り、古処山城跡(曲輪)があり、散策。 そこを抜けて紅葉谷の急坂をロープに摑まったり、滑らないように注意を払い下りて行きました。
ページのトップへ戻る