▲ 三瀬山・城山・金山


コース

三瀬峠 >三瀬山 >城山 >西鬼ガ鼻 >アゴサカ峠 >山中地蔵分岐 >佐賀藩番所跡 >金山

▲三瀬山 ▲城山 ▲金山
標高790m 標高846.1m 標高967.3m
三瀬峠に車を置き、そこからスタートです。 周りの木立を眺めながら、30分ほどで三瀬山に到着。 同じようなペースで、次に城ノ山に到着、 三角点があり、そこを過ぎ、木立をくぐり抜けると岩場。 岩場では眺望良好で、そこを過ぎ、アゴサカ峠分岐に辿り着く。 小さな沢を数度渡りつつ、 急坂上りつつ、鍋島藩の番所跡に到着。 こういうところに番所があったと思うと、昔の人は健脚揃い。歩く手段しかなかったからでしょうね。 また、平日とあってか、この間に出会ったのは、ご老人男性二人で、挨拶を交わしながら、 杖はやはり2本の方が良いかね?と聴かれ、2本の方が良いと 答えました。結構な年と見えましたが、 パワーで負けていました。頑張らねば・・・。 番所跡からは、ほどなく金山山頂に到着、曇りはしていたものの 眺望は良好でした。 休憩の後、同じルートで戻りました。
ページのトップへ戻る