▲ 岳城山・若杉山


コース

皿山公園登山口 >東原林道分岐 >薬師堂 >岳城山展望台 >高鳥居城址(山頂) >楽園分岐 >林道出合 >若杉山 >奥の院 >皿山公園登山口

▲岳城山 ▲若杉山
標高381.4m 標高681m
須恵町の歴史民俗資料館駐車場から皿山公園を抜けて行き、次に薬師堂という建物があり、ちょっと見聞の後に岳城山へ、頂上付近には展望所やTV塔などが あり、そこを過ぎると、岳城山頂上に到着。 岳城山山頂には、高鳥居城跡碑があり、鎮西探題北条兼時の家臣、河津貞重によって、1293年築城とされ、 その後、大内家の家臣が三代にわたって在城していたが、秋月に攻められて城を捨て空城に。 その空城に入城したのが、筑後の星野吉実・吉兼兄弟 (島津軍側)で、立花城(豊臣軍側)からの攻撃に備えての拠点のひとつだったようです。激戦死闘の末、高鳥居城は落城。 山頂には、上須恵区民の 有志の手で建てられた、史実を伝える石碑があり、また、登って来る途中にあった薬師堂には供養塔がありました。 その岳城山から若杉山へ向かいます。 細い山道を大杉を眺めながら、泥濘では滑らないように注意を払い、やがて、木のチップを敷き詰めた道に出ました。 「ここは落陽コース折り返し 地点です」という立て札があり、ここからまた急坂を登り、太祖神社へと辿り着き、ここでお参りを済ませ、その先に九電の施設があり、そこが若杉山 の頂上でした。 三郡山を眺め、奥之院(はさみ岩)というところに立ち寄って、そのまま、戻りました。落陽コース折り返し地点にベンチがあったので、 ちょっと遅めの食事タイム、気温は0℃と寒く、カップ麺を食べて、体を温めての下山。皿山公園で孔雀を見たりで、駐車場へと・・・。
ページのトップへ戻る