▲ 雷山


コース

雷山観音前バス停前駐車場 >千如寺大悲王院 >雷山自然歩道登山口 >清賀ノ滝 >上宮 >雷山山頂 >雷山スキー場 >避難小屋 >雷山国際キャンプ場 >雷神社 >雷山観音前バス停前駐車場

▲雷山
標高954.5m
駐車場に車を止め、登山口を目指すも、千如寺大悲王院が気になり、立ち寄ることにしました。 拝観料400円(本尊十一面千手千眼観音など堂内拝観  入山料(前庭・大楓)含む)で・・・境内に福岡県の天然記念物である樹齢約400年といわれる大楓や、国の重要文化財である鎌倉時代作の「木造千手 観音立像」、「木造清賀上人座像」や、福岡県の指定文化財である「木造多聞天像」、「木造持国天像」を拝見した後、登山口へ向かう・・・結構な 時間ロスでしたが、なかなかなものでした。 登山口から清賀ノ滝へは難なく、ここからが上宮へ向かう山道で、途中、道幅が無いところがあり、 踏み外すとそのまま下へ・・・要注意です。上宮に着くと大勢の人が祠辺りで食事中、写真を諦めて、山頂へと向かいました。上宮から上は勾配がきつく、 息切れ激しく、止まっては呼吸を整えつつ、雷山山頂へ到着、風が強く休憩しにくく、そのまま下山。下山はスキー場の方へ降りていく途中、藪の中が 騒がしく、ちょっと様子を見ていたらウリ坊出現、近くで親の鳴き声がしていましたが、無事に通過し、避難小屋経由で林道に入り、キャンプ場を横目に 雷神社に到着。ここで、ちょっと遅めの食事タイムと休憩後、沢沿いを下り駐車場に到着。
ページのトップへ戻る