▲ 鷲ヶ岳


コース

林道駐車地 >取り付き口 >鷲ヶ岳山頂 >取り付き口 >林道駐車地

▲鷲ヶ岳
標高454.4m
鷲ヶ岳とは、福岡県那珂川町西方の南面里(なめり)にある山(454,4m)で、中世戦国期豊後大友宗麟の支城鷲ヶ岳城のあった所で、 筑前大友五城のひとつで、柑子岳城、安楽平城と共に大友義鎮の博多支配の西の拠点となった。築城したのは大鶴上総守宗秋。 天正9年鷲ヶ岳城を竜造寺氏、筑紫氏の四千五百余りの軍勢が攻め込み。大鶴宗雲はついに開城。城を開け渡したとのこと。
林道途中に車が数台置けるスペース(林道終点にも車は置けるようです)があり、そこに車を置いて林道を登っていくと、 分かりにくいのですが杉の木にテープが巻いてあり、そこから山頂を目指します。さほど時間はかからなく、難なく山頂へ到着。 下山も同じコースと考えていましたが、目印があまり無く、道なき道を外れてしまったようなので、一旦戻り、 登って来たルートが確認でき無事に下山。
ページのトップへ戻る