大賀ハスを求めて・・・

6月17日 佐賀県 吉野ヶ里歴史公園

大賀ハスとは、昭和26年、千葉市の東京大学農学部検見川厚生農場で、ハス博士といわれた故「大賀一郎」博士(当時関東学院大学教授)が、縄文時代に咲いていた古代ハスの種3粒を発見し、そのうちの一粒の開花に成功したもの。
九州では数か所で観られ、最近になって種を譲り受け、吉野ヶ里歴史公園でも観られるようになった。

ベニバナ
大賀ハス
大賀ハス
大賀ハス
大賀ハス
大賀ハス
大賀ハス