【大分県/大分市】 府内城跡 (大分城址公園)

5月28日

今回のお城めぐりの最後の締めくくりは府内城跡。この後、高速道大分ICに向い帰路に着く。

府内城は、大分市街の中心に位置する梯郭式平城である。安土桃山時代後期、府内に12万石で入封した福原直高が府内の荷落に築城を始めたが、福原氏は改易され、早川長政の府内領再封を経て、関ヶ原の戦いの後に3万5千石で入封した竹中重利が完成させた。大府内城は友宗麟とは関連はない。 「人柱お宮」・・・天守台の下にお宮を祀った祠があり、これは、福原直高が築城の際、度重なる水害に工事が進まず人柱を立てることになり、上野六坊に住む孝行娘のお宮が一家を救うため、弁財天の木像を抱いて人柱となり、その後、築城は順調に進み、お宮は弁財天とともに鎮守としてあがめられたと伝えられている。

大分城址公園内に、府内城の天守を金属製パイプを用いて当時と同じ大きさで再現し、ライトアップします。 高さ約29m×幅約25m×奥行約23mの大きさと、LED約7万個のイルミネーション効果により幻想的な天守が観賞いただけます。約420年前に築かれ、その後約150年間の長きにわたり、府内の城下を見渡してきた往時の「天守」の姿がしのばれます。

大分城址公園仮想天守イルミネーション設置状況レポートhttp://www.city.oita.oita.jp/o170/machizukuri/toshi/1510823732190.html