GREENFIELD-CLUB.JP » グリーンフィールドクラブ・ジェイピーは、九州のキャンプ、登山、歴史散策等、色々と楽しんでいます。

CAMP TOOL

朝のコーヒーも、星空の下でのたのしい夕食も、のんびり焚き火に、おいしいビール。この癒し、自分の世界へと陶酔・・・。

私が使っているキャンプ道具からお気に入りをピックアップ

コールマン クアッド™マルチパネルランタン

キャンプサイトでメインのランタンとしても十分使用できる明るさ(最大800ルーメン)。
パネルライトは4分割して持ち歩けるから、キャンプで使い勝手が抜群で、マグネット式で着脱が簡単。今までは、ガソリンランタン、懐中電灯等を準備していましたが、これ一台でOK。手元、足元、全体に明かりを自由にレイアウト可能。テント内の明かりや夜道を歩く時の懐中電灯に早変わり。それに、本体に接続するだけで自動充電してくれるのでありがたい。
1台持っておけば災害時などのもしもの時にも役立つキャンプギア。重宝しています。

CAPTAIN STAG トレッカー ジュラルミンロールテーブル

大型テントでのキャンプではなく、こじんまりとキャンプをするときに、ローテーブルがあればと思いAmazonのポイントが貯まっていたので2卓購入。多少重いものを載せてもぐらぐらせずしっかり感で、熱いものを載せられるので重宝しています。ヘリノックスのローチェアとの組み合わせにちょうど良い高さです。

LOGOS ピラミッドグリル・コンパクト

ほんのちょっと炭火焼で・・・というとき。私のキャンプの定番必需品グッズ。
小さいので、小さなテーブルの上に置いても邪魔にはならない。
秋刀魚を焼くときには、秋刀魚を半分に切って並べればOK。
専用の燃料(エコココロゴス・ミニラウンドストーブ4)を使えば着火も楽で、すぐにでもプチBBQが始められます。

Coleman アルミクッカーセット

今までは、コールマンのステンレスのクッカーセット使っていましたが、フライパンは焦げ付きやすくなってしまい、この、アルミクッカーセットに変えて使いやすさが増したといった感で、フッ素樹脂加工で焦げ付きにくく、IHにも対応していて、自宅でも使える様(まだ使っていませんが・・・)。
サイズ:ウォックパン/約直径26cm×7.5(h)cm
    フライパン/約直径24x4.5(h)cm
    片手鍋/直径18x8.5(h)cm
    収納時/約直径29×13(h)cm
重量:約2.6kg
材質:本体/アルミニウム(ノンスティック加工)、ステンレス。ハンドル/アルミニウム、スチール、シリコン
付属品:収納ケース

SOTO レギュレーターストーブ ST-310+専用ウインドスクリーン ST-3101

低温でも火力が落ちにくく安定しています。私のキャンプの必需品
発熱量:2.9kW(2,500kcal/h)
使用時間:約1.5時間(ST-760/1本使用時)
点火方式:圧電点火方式
付属品:収納ポーチ

モンベル
ページのトップへ戻る